ブログ

2020.06.26

パワハラ防止法 身体的な攻撃とは |パワハラ防止法 中小企業も義務化 

2020年4月1日からパワハラ防止法が施行されました。

2022年6月1からは中小企業もパワハラ対策が義務化されます。

従業員のメンタルヘルスを守るためにも早めの対策を心がけましょう。

 

【パワーハラスメント 身体的な攻撃とは】

身体的な攻撃と該当すると考えられる例は、①殴打、足蹴りを行う ②相手に物を投げつける

になります。

では一つ実際に合った事例をご紹介いたします。

上司Aさんは昔ながらの営業マン、部下には厳しく指導をしておりました。上司Aは他の従業員の前で特定の部下を大声で

怒ることもあり、その厳しさから部下からは好かれておりませんでした。ある日部下Bが上司Aから理不尽なことを言われたため、

少し歯向かった口調でそのことに関して反論を述べました。すると、上司Aは普段部下から何か言われることがないため、そのような

行為にでた部下Bに対して、腹を立ち頭をたたきました。

そのことに関して腹を立てた、部下Bは今までの行為を含め、社内相談窓口に訴えました。

その後、今回のケースは以前からの上司Aに対する言動も問題視されていたこと、また暴力・暴行行為に該当することから、

懲戒委員会にかけられました。

以上の例は大変わかりやすいかと思われます。しかし、自らの上司を「パワハラ行為」であると訴えることは大変勇気のある行動です。

いかに社内相談窓口が相談しやすい場所であるかが鍵となります。

では次に曖昧な例です。

上司が愛情表現の一環として部下がミスをした際に軽く「頭をぶつ」行為です。たまに見かけたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

会社のオフィスだけではなく、飲み会の席でもです。

この場合、受け取る側(部下)によります。ほとんどの場合はそれで「パワハラ」だと訴えることはないかもしれないですが、

何か他のことでパワハラだと訴えられた時に、「頭をぶった」という行為もパワハラとしてカウントされることも

あるのです。もちろん上司としては一種の愛情表現かもしれませんが、部下としてはあまり気持ちの

良い行為ではないので、できるだけ控える方が賢明かもしれません。

それでは次に厚生労働省が定義したパワハラに該当しないと考えられる例です。

①誤ってぶつかる

になります。たまに、社内でぶつかることがあるかもしれませんが、それでパワハラと訴えることはありませんよね。

以上のようにあらゆる場面でパワハラは起こりうるのです。

自分に被害が起きている時はもちろん、誰か社内の人がパワハラ行為にあっているのを助けてあげることも大切です。

ミーデン株式会社ではハラスメント対策、メンタルへルス対策を行います。

人数により月額1万円~可能!!

詳細はこちら

 

 

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト