ブログ

2020.08.29

従業員のうつ病サインを見逃すな!!

精神疾患の中でも、特に多い疾病は「うつ病」

です。

ではうつ病になった際には、どのような気持ちが

心の中で渦巻いているのでしょうか。

 

  1. 自責の念:「役に立たない自分が情けない」

 

・客観的に見れば、全く本人のせいではないことでも、

「自分のせいだ」と思い込み、自分を責めます。

 

・ささいな ミスでも、取り返しのつかないミスのように

感じて、自分は役に立たない人間だと思い、そのような

自分がまた嫌になります。

 

・自己評価が下がり、慰めや励ましでは回復できないほどです。

この時の自己評価は、大きなマイナスになっているのです。

自分に絶望し、自分の行為、思考を否定し、自分の存在そのものも

否定します。

 

  1. 動けない:「動けない理由が分からない」

 

・中には、気分の症状よりも体の症状が先に表れる人がいます。

睡眠:寝つきが悪くなる、夜中に目が覚める、早朝覚醒

食欲:食べられない、食欲が湧かない

頭痛:キーンとした鋭い頭痛、こめかみを抑えられた

ように痛い

倦怠感:座ったまま動けない、異常にだるくて、手も足も

動かせない

耳鳴り:耳がふさがった感じ

めまい:ふらふらする

痛み:体のどこかがいつも痛い

 

  1. 集中力減退:「今までできていたのに」

・本人は一生懸命に仕事をしているつもりですが、進みません。

これは集中力や判断力が落ちているためです。このとき、

時間ばかり過ぎていく、考えがまとまらない、手が動かない、

机の上が散らかっているという状態になっていることが

あります。

 

  1. 不安感・憂うつ:「不安定な気持ちをどうにもできない」

・「不安」が元となり、閉じこもる、泣く、イライラする、

衝動的になる等、情緒が不安定になる人もいます。

 

  1. 自殺念慮:「つねに【死】を思っている」

・思考力が低下しているため、死ぬしかないという思いが

頭の中でグルグル回り、それが極端な思考でおかしいことだと

、冷静に考えることができません。

 

・絶望感:自分は生きていてもしかたないと、自分にも、

生きていることにも絶望している。

 

・現実逃避:苦しくつらい気持ちが続くため、そこから

逃げたいという心境もないとはいえない。

 

・自責の念:周囲に迷惑ばかりかけていて、

こんな私が生きていていいのかと、自分を責める。

【 何を見ても、自殺に結び付けて、どう死ぬか考えてしまいます。】

うつ病は特に、病識がない病ということで有名です。

つまり、うつ病であるような症状がでているにも関わらず

自分では気づかないのです。

そのため、周りの人たちが気づいてあげることが

最悪の事態を防ぐために大変重要であります。

 

では、従業員のどのような様子をみればよいかの

チェックポイントをご紹介します。

 

【チェックポイント】

  1. 小さなミスで過剰に落ち込んでいないか

励ましても、時間が経ってもミスを引きずっていないか

 

  1. 眠れているか、食べているか、日常の会話で

察知してあげよう

 

  1. 「以前はできていた」ことができなくなって

いないか

 

  1. 情緒が不安定ではないか

 

  1. 「死にたい」と言っていないか

 

ハラスメントを起こさない職場作りでもそうですが、

職場での適度な「雑談」は大切です。

一緒に働いている仲間のSOSを気づけるように

してあげてください。

※参考文献:「うつ病の人の気持ちがわかる本」講談社 著 大野裕(2011)

ミーデンでは中小企業でも導入しやすい金額でメンタルヘルス対策、

パワハラ対策を承ります。

人数により月額1万円~可能!!

詳細はこちら 

 

 

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリーリスト