メンタルヘルス

2021.01.13

忙しさで見逃しがちな心とからだの調子を今一度確認しましょう|メンタルヘルス

 【よく耳にする“自律神経”とは?】

「自律神経」とは、内臓のはたらきや、血液の流れなど、生命を維持するための機能を司っています。

また、自律神経は自分の意思でコントロールはできませんが、ちょっとした工夫で整えることは可能です。

自律神経と心】

自律神経を整えるのことで、血液の流れがよくなり、全身の細胞の機能が活性化されます。
しかし、自律神経には心の状態が関係しており、怒りや、不安によって心が乱れると、自律神経の
バランスが崩れて血流が悪くなってしまうんです・・・反対に、心の状態がよければ、自律神経の
バランスも整い、 体の調子も安定します。

文字付きの表情のイラスト(女性・イライラ)

【自律神経を整えるために】

規則正しい、バランスの取れた食生活など正しい生活習慣

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動

ストレスとうまく付き合いながらの生活(メンタルケア)

が大切です。

仕事中にできるちょっとした工夫】

・対人関係でストレスを感じたときには、“気にしない”よりも“放っておく”スタンス「人は人、自分は自分」という考えも有効です。自分の軸(=価値観)を持つことが大切です。

・スピーチ、プレゼンなどの緊張場面では、深呼吸(背筋を伸ばして上を向くだけで呼吸が深くなる)、手を広げて意識して力を抜く、 コーヒーや水を飲む などで緊張の軽減に役立ちます。

・業務に追われているときには、やるべきことを一つずつ片付けていくしかないのは、皆さんご経験おありかと思います。整理するために、まずは、思いつくままに書き出し、優先順位をつけることを心がけでいきましょう。

また、重要なこと、考える作業が必要なことは朝に、 あまり考えなくてもいい作業は夕方に回すとよいでしょう。

仕事中にため息が出そうになったら我慢せずにため息を吐きましょう!ため息は、不安や心配事を抱
えていたり、根を詰めて作業していた証拠でもあります。これは、が緊張でこわばり、呼吸が浅
くなっている状態であったことから、「ふぅ~」とゆっくり長く息を吐くことで浅くなった呼吸が
深くなり、血流がよくなります。
仕事中に伸びをする会社員のイラスト(男性)

自律神経の乱れは伝染する】

一人がピリピリしていると周りの人にも伝わり、悪い雰囲気につながります。反対に、自律神経の安定した人がいると、その落ち着いた立ち居振る舞いや声かけにより他の人にも安心感が伝わることもあります。

仕事中はついつい、誰しも根詰めたりしてしまい、呼吸も浅くなることがあると思います。自身の心と体の感じを大切にしながら日々過ごしていただけたらと思います。

忙しく仕事をしている女性会社員のイラスト

公認心理師、臨床心理士による心理カウンセリングはこちらから

参考文献

「図解 眠れなくなるほど面白い 自律神経の話」 小林弘幸  日本文芸社

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

最近のエントリー