メンタルヘルス

2021.04.14

職場の人間関係について~少しでも楽になるために-大企業編-~

  皆さんは、職場での人間関係のお悩みを、抱えてはいませんか?大企業であれば大企業なりの、中小企業であれば中小企業なりの、それぞれの複雑なお悩みが、あるのではないかと思っています。

この記事では、そんな皆さんの悩みに寄り添いつつ、どうすれば少しでも楽になって、職場の居心地が改善していくのか、ということを、考えさせていただこうと思います。

今回は、「大企業編」ということにして、中小企業編は、また別の記事を用意しようと思っています。理由としては、大企業と中小企業は勝手が違うので、大企業では使えることが、中小企業では使えない場合があるからです。

【職場の人間関係は、学生時代と同じように、自分で選ぶことができない】

 皆さんは、学校のクラスを決めるときに、自分の意見を聞いてもらえたことはありますか?


いじめなどがあればクラスを話してもらうことはできるかもしれませんが、学校のクラスの友達は先生方が決めるものですよね。そのなかで、仲の良い人、それほど仲の良くない人、分かれていくのではないかなと思います。

 職場の人間関係は、学生時代のクラス分けと同じようなところがあります。自分で選んだわけではなくて、たまたま同じ企業に就職をして、たまたま同じ部署になったのが、同僚です。少し、学校のクラスメイトに似ていると思いませんか?

【職場の人は、プライベートで知り合っていたら友達にならない人かもしれない】

 同僚の中には、仲良くなれそうな人、仲良くなれなさそうな人がいるかもしれません。でも、仲良くするのは無理かな、と思っていた人が、話してみたら意外と話せる人だったりすることもありますよね。ここも、学校のクラスと同じだと思いませんか?

 友達になれそうな人もいれば、友達になるのは無理そうな人もいる。でも、職場を円滑にするために、仲良くない人とも協力する必要はあります。

社会人のキャリアが長くなれば、いろいろな人と出会うでしょう。それはあなたが選んだ人間関係ではなくて、たまたま知り合った人。プライベートで知り合っていたら、友達にはならなかった人も含まれるかもしれません。

【職場の人とは職場だけの関係を続けてみてはどうでしょうか】

 職場の人の人間関係は、職場を円滑に回すためのものです。プライベートであなたが職場の人の人間関係の煩わしさを、持ち込むことはありません。プライベートと仕事がごっちゃになってしまったら、きっとあなたが辛い思いをすることでしょう。


職場というのは、悲しいかな「利害関係」が絡む場所です。出世競争や、御局様など、怖い話もたまに聞きますよね。職場の人間関係は、職場にいるときだけという考え方でもいいかもしれません。

【それでも辛くなってしまったら、産業医の先生に相談しよう】


ある程度の対策をしていても、職場の人間関係が辛くなってしまったら、産業医の先生に相談しましょう。知り合いの精神科医の先生や、カウンセリングを紹介してくれるかもしれません。産業医の先生はあなたの体調と会社の間を取り持ってくれるものです。

 もし、不眠などの症状が出ている場合は精神科の受診がお勧めです。そして、是非お勧めしたいのがカウンセリングの併用です。カウンセリングではゆっくり話を聴いてもらえるので、自分の考え方のクセや、ものの見方など、アドバイスをしてくれると思います。

【プライベートなことに踏み込まれたら】

 現在は、仕事におけるオンと、プライベートにおけるオフは、分ける傾向が多いです。若者は飲みニケーションは参加しなくなってきましたし、世代間ギャップもあるでしょう。

この世の流れに乗っておくには、プライベートなことに話をする中で踏み込まれたら、「これより先は話さない」というラインを作ってもよいかもしれません。

お互いに、踏み入れられたくない場所があるものですので、それを尊重し合う形でお付き合いをしていけばいいでしょう。

【今はオン/オフはきっちりと分ける時代】

 今は「オンの時間」と「オフの時間」というのは昔のようにごっちゃにするものではないのです。上司などはそういう世代にいないこともあります。現在の時代はそういうふうにしているものなのだ、ということをやんわり伝えましょう。

それでも無理で、自分の意思だけでは断りきれない場合は、「彼氏に相談しないと勝手にはできなくて」とか「親が厳しい人なのでそういうのをチェックされているんです」と言った理由も使えます。

【仕事のオン/オフのスイッチを、どこかに作る】

 仕事の「オン/オフ」を切り替えないといけないのは、連絡先や人間関係だけではありません。あなたの心の中の、仕事モードとプライベートモードも、きっちりと切り分けた方がいいです。

たとえば、「このトンネルをくぐったら〇〇社の自分ではもうない!」と思うようにするとか、電車の中でプライベートな時間を過ごすことによって徐々にプライベートモードに切り替えたり、やり方はいろいろあります。あなたなりのオンオフの切り分け方を見つけてください。

 そして、オン/オフのゲートを潜ったら、あなたはもうただ本名の個人です。自分の好きなことをやり、自分の好きな本を読み、自分の時間を素敵に過ごしてください。そうすることが、職場のメンタルヘルスで問題を溜めないためのコツです。

【まとめ】

 今回は、職場の人間関係-大企業編-ということでお話をさせていただきました。自分が思っている以上に、人は仕事を家に持ち帰ってしまいがちです。ですので、そうならないように、オン/オフスイッチを切り替えて、自宅では自分一人の、飾らない自分をゆっくりと満喫してください。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索

最近のエントリー