メンタルヘルス

2021.05.26

あなたの「怒り」と上手く付き合う方法 職場編

  皆さんの会社で、メンタル不調者続出とか、退職者続出、という部署はありますか?

「え、?!そんな部署がある会社って、本当にあるの???」と思われた皆さんの会社は健全度が高いハズです。

しかし、「あるある。困っているんだ」「そうなんだ。勘弁してくれ」と思った方に朗報です。「怒り」のコントロール術を社内に広めることで、メンタル不調者を減らすことができるかもしれません。

なぜなら、怒りの感情のままに言葉を発したり、表情に出したり、行動を起こすと、困ったことになるからです。それは、相手が委縮して人間関係が崩れる、仕事のパフォーマンスが落ちる、メンタル不調になる、休職する、退職する、周りの人たちも嫌気がさす、といったことが起こるからです。

熱心に仕事をしているからこそ、怒りが湧いたり、言葉がきつくなったり、表情が険しくなったりします。当たり前ですね。しかし、ここは、変化のチャンスととらえて、こんなコントロール術の使い手になってはいかがでしょうか?

まず、メンタル不調者が出た事例をご紹介します。

あるメンタル不調に陥った新人さんは「先輩の言い方や顔つきが怖い」と必要な質問もできず、適応障害と診断されて休職しました。先輩社員が「怒り」をコントロールして、新人さんを上手く導くことができたら、休職者を出さずにすんだかもしれません。

ある中堅社員は、仕事の引継ぎが中途半端な状態で引き受けて、上層部からは「引継ぎをしたのだからできて当たり前」と厳しい要求をされました。そして、上層部に自分の言い分も言えずうつ病を休職しました。

上層部は、求めることを「分かっているだろう」とか「自分は面倒だから、そっちで考えてよ」というように丸投げしないことは大事な要素です。

同じくらいに大事なことは、部下が出してきた成果物に質問する時には相手が委縮する「表情や言い方」(怒り)をコントロールすることです。

そして、役職が上がるほど、そのコントロール力は求められます。お分かりの通り、パワーがある人は相手に与える影響力が強く、その力に押されて相手の思考力が低下したり、嫌気がさして落ち込んだり、とマイナス要素ばかりです。


企業にとって社員が休職することは大変大きな損失です。経済的損失と人的損失の他に、周囲の社員に与える影響もはかり知れません。そのために、「怒り」のコントロール術はあなた自身や会社にとって大きなメリットをもたらしてくれます。

「怒り」は脳の偏桃体の暴走、と表現できます。偏桃体は脳で、怒り、不安、好き嫌い、不快、恐怖、緊張などの情報反応を処理している場所です。ストレスを受けると、このようなマイナス感情が高まりやすく、偏桃体が興奮してくると怒りに駆られやすくなります。

しかし幸いなことに、私たちには偏桃体の興奮を抑える味方がいます。それが理性や分別を担当する前頭葉です。偏桃体が興奮して「怒り」の炎がメラメラと上がり始めたら、前頭葉がすかさず消火活動をしてくれます。会社生活だけでなく、私たちの生活の質が向上しそうですね。

では、先ほどの事例の「何度言っても同じ失敗をする」と思った時、あなたならどうしますか?偏桃体が興奮し始めて、「昨日も言ったけどさ」、「これで3回目だよ。しっかりしてよ。」、「もう教えないよ」、「忙しいのに」と言いたくなる時もあるかもしれません。これが相手のやる気をなくして、聞きたいことも聞けず、メンタル不調に追い込むことはご説明しました。

【では、どうしたらよいのか】

〈行動編〉

●いったんその場を離れる。

・手を洗いに行く

・トイレに行く

・コーヒーを淹れに行く

と何でもいいので行動をすることで、偏桃体を抑えます。

●口を満たしてみる。

・飴を食べる、チョコレートを食べる、その時に相手にも上げると効果的です。糖質はたいへん吸収が早く、甘いものが口に入ると、ブドウ糖がすぐに脳に届くことになります。これによって、脳が一時的に満足して冷静さや落ち着きを取り戻すのです。

・ガムを取り出して噛む。

・水を飲む

行動することで、体に刺激を与えて「怒り」への集中を下げることも効果が期待できます。

〈思考編〉

●今、自分は「怒り」の感情が湧いているな、と自分自身を「客観視」することです。「怒り」の感情で指示をすると、デメリットが大きいことを念頭に置きましょう。そして、手短に修正の指示をいつも通りの顔つき、表情でやってください。あなたの演技力が大事です。本当は怒っているのに、怒っていないと自分を誤魔化すと辛いです。ですから、怒ることは仕方がないことなので、怒っていることを自覚しましょう。

もし、「何度言っても同じ失敗をする」社員がいたら、こんなことを考えてみてください。

失敗しないために何が必要か?

きちんとできた時はあったか?それはどんな時だったか?

他の社員はなぜきちんとできているのか?

「怒り」の感情を上手に扱うと

信頼関係が築きやすくなる

発言しやすくなり自由な発想ができる

コミュニケーションがとりやすく仕事のパフォーマンスが上がると沢山のメリットがあります。

理屈では分かっているけど、どうしても感情のコントロールが上手くいかなくて、と自覚はあるが改善まであと一歩、というあなた、ミーデンでは認知行動療法や解決志向のカウンセリングも行っていますので、ご活用ください。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

最近のエントリー