メンタルヘルス

2021年12月

2021.12.23

ADHD6つの特徴

 ADHDとは、注意欠如・多動症の略です。その言葉のごとく、「忘れ物が多い」「うっかりミスが多い」といった不注意の症状と、「落ち着かない」「待てない」といった多動・衝動の症状がみられる病気です。大人になってからなる病気ではなく、子供の頃から成長の過程で現れる生まれつきの病気です。決して育て方の問題ではありません。

         

  

 

【ADHDであるライン】

 どこからが病気かと言うと明確なラインはありません。診断のための特別な検査はなく、平均的な子供よりも症状が目立つ場合に診断がつけられます。

成績が平均以上ですと、学校生活ではそれほど問題になることはありませんが、社会人になって職場で人と同じことができないことから病院を受診する人が多く、これが大人のADHDと呼ばれるものです。

【有名なADHDの3人】

 実は、私たちの身近にとても有名なADHDの人が3人います。磯野家のカツオ君、そしてドラえもんに出てくるのび太君とジャイアンです。

 カツオ君は頭の回転は早いけれど、おっちょこちょいで勉強が苦手です。おしゃべりで、思いついたら後先考えずに行動してしまいます。お父さんやサザエさんに怒られても変わりません。でも愛嬌があるのでクラスの人気者です。

 のび太君は、ぼーっと集中力がなく、勉強もスポーツも苦手です。忘れ物が多く先生にもお母さんにも注意されますが直りません。のび太君は不注意優勢タイプのADHDです。

 ジャイアンは、怒りっぽく乱暴で、欲しいものは我慢できず横取りします。ジャイアンは、多動・衝動優勢タイプのADHDです。

 このようなADHDの子供が大きくなり社会に出ると、次のような特徴が見られます。

【ADHD6つの特徴】

1.仕事でよくミスをします。財布、スマホ、鍵などの忘れもの、なくしものが多いです。

2.机の上を片付けられず書類が山のようになっています。物だけでなく、スケジュールも管理できません。遅刻常習でアポイントもすっ飛ばすこともあります。

3.会議の席では内容が頭に入ってこないで上の空です。寝てしまうこともあります。よく考えずに発言して失敗します。

4.仕事を計画的にできません。コツコツと地道にやることが苦手で、思いついてやることが多いです。

5.じっとしているのが苦手です。座っていると貧乏ゆすりをしたり、手で顔をいじっています。静かにしているのも苦手で、おしゃべりだと言われます。買い物の行列や車の渋滞など、待つのも苦手です。

6.ゲームやパチンコに異常なほど集中してしまいます。金額を考えずにたくさん買い物してしまうことがあります。

        

 それでは、先ほどの3人は大人になってどうしているでしょう?

【未来の3人】

 ご存知の方もいるかも知れませんが、未来の世界でジャイアンはスーパーの社長になります。実は、マイクロソフト社のビル・ゲイツ、アップル社の創業者スティーブ・ジョブズ、楽天の三木谷社長もADHDであると知られています。

多動・衝動は大人になると比較的目立たなくなります。不注意ではあるけれども大事な時にものすごい集中力を発揮でき、多動が行動力に、衝動が発想力に転換されて大成功している人もいるわけです。

 カツオ君の将来は原作にはありません。おっちょこちょいは変わらなそうですが、愛想の良さと行動力、そして広い人脈を利用して営業マンとして成功しているかも知れません。

 ジャイアンとカツオ君は、むしろADHDが個性として役立っているケースです。実際に政治家、経営者、営業マン、芸能人、芸術家、スポーツ選手などで成功している人もたくさんいます。むしろ世の中を変えられる人にADHDが多いのかも知れません。このような人はADHDを病気と考えずに個性と考えたら良いでしょう。

              

 一人でも生きていけるジャイアンとカツオ君は良いのですが、問題はのび太君です。原作によると、ドラえもんがいない世界では受験も就職も失敗。起業しますが火事を起こして倒産。最後は無職になってしまいます。気の強いジャイ子と結婚して子供を授かり、孫の代まで残る借金をつくってしまいます。

 このようなのび太君の姿を心配した子孫が、ドラえもんを送ってくれます。ドラえもんがいる世界では、のび太君はしずかちゃんと結婚。自然調査の仕事に就いて幸せな生活を送ります。ドラえもんが、いるかいないかで未来が大きく変わるのです。のび太君の2つの人生は、生き方を助けてくれる存在があるかないかでADHDの人の未来が変わってしまう良い例です。

【ADHDの人をサポートしてくれる社会の仕組み】

 現実にドラえもんはいませんが、ADHDの人をサポートしてくれる社会の仕組みがあります。まずは精神科の医療機関です。ADHDの診断をして、それを元に役所で障害者手帳をつくることができます。

 障害者手帳があると就労支援施設や障碍者雇用を利用することができます。就労支援施設では、仕事のスキルやマナーを向上させるトレーニングをして、障害者雇用先を探してくれます。最近は多くの企業が障害者雇用を広めていますので、働く場所の選択肢がたくさんあります。給与は少し下がりますが、無理なく、得意な分野を生かして働くことができます。

              

【ADHDに効く薬】

 また、ADHDの不注意や多動・衝動に効く薬があります。脳のドーパミンやノルアドレナリンの分泌が低下しているので、それを調整するものです。「コンサータ」「ストラテラ」「インチュニブ」の3種類がありますが、「コンサータ」は麻薬に近いものなので資格のある医師しか処方できません。

どの薬も根本から治す薬ではなく、症状を改善させる薬なので長期に服用する必要性があります。効果は個人によって差があり、処方する基準も医師によって異なります。また、医師によってはこれらの薬でなく、抑うつ状態を治すことを優先してSSRIなどの抗うつ薬を処方することもあります。

最後に

 大人のADHDは比較的新しい考え方のために、対応できる医療機関がまだ少ないのが現状です。しかし全国的に少しずる広がっている傾向にあります。不注意や多動・衝動によってなかなか社会の歯車と合わない場合は、我慢せずに医療機関などのサポートを積極的に受けることをお勧めします。

2021.12.18

うつ病の初期症状6つのサイン

 

  私たちの体は毎日栄養を取らないと衰弱してしまいます。実は、心も体と同じように栄養が必要です。栄養をとらないと心も枯れてしまいます。心の栄養とは、心の満足感です。

おいしいものを食べた、欲しい物が手に入った、おもしろい映画を見た、と満足感にはいろいろな種類がありますが、一番大切なものは、家族や仲間から受ける愛情です。もし、このような心の栄養を取れないまま、心配事や仕事に追われていると、心の栄養不足になり、ついにはうつ病になってしまいます。

                  

  

【うつ病は突然なる病気ではない】

 うつ病は突然やってくるのではなく、ジワジワと時間をかけて心が消耗していく病気です。最初は、「疲れがとれない」とか、大事なことを先延ばししてしまうので「怠け癖が出たのかな」と勘違いします。しかし、休んでも良くならないし、そのうち仕事が嫌になっていき、「もうダメだ」と思った時にはかなり進行した状態になっています。こうならないためにも、早めに心のSOSに気付くことが大切です。癌は「早期発見・早期治療」と言われていますが、うつ病も同じです。

 ここではうつ病の最初のサインを6つ紹介します。これらを感じたらうつ病を疑いましょう。

【うつ病の初期の6つサイン】

1.仕事にミスが増える

 ちょっとした入力ミスが増えます。誤字脱字だけでなく、書類に別の人の名前を書いたり、提出先を間違ってしまうこともあります。物忘れも多くなり、人の名前が出てこなかったり、財布を忘れて出かけることもあります。認知症ではないかと思い、物忘れ外来を受診する人もいます。これは認知症ではなく、脳が疲れて集中力が落ちているサインです。

                            

2.土日に休んでも疲れがとれない

 土日にずっとゴロゴロしても疲れが取れません。日曜の夕方くらいから1週間が始まることを思うと暗い気持ちになります。人によっては「怠け癖がついた」と考えて、自分を責めてしまうことがあります。数日休んでも回復しない疲れは、うつ病の可能性があります。

3.コリや痛み

 体や手足がだるかったり、肩こり、頭痛、腰痛などのコリや痛みを感じる人もいます。腰痛で整形外科を受診しても、骨に異常はないと言われます。痛み止めが処方されますがあまり効果がありません。このように、うつ病が体のコリや痛みから現れることがあります。

                                                                            

4.眠りが浅い

 疲れているのになかなか眠れません。お酒を飲まないと眠れないこともあります。夜中に何度もトイレで目が覚めたり、早朝から目が覚めて仕事のことを考えてしまいます。夢をよく見て、深く眠った気がしません。このような睡眠障害は、脳の覚醒状態を調節できなくなっているサインです。

5.落ち着かない

 理由もなく突然不安な気持ちにおそわれます。仕事中にじっと座っていられず、何度もトイレに立つことがあります。心配事がずっと頭から離れず、「なんとかなる」と思えません。このように、うつ病が不安の症状から現れる人もいます。

6.突然涙が出てくる

 仕事中に突然涙が出てきます。理由は分かりませんが、悲しい涙です。周りの人に気づかれないようにあわててトイレに駆け込みます。これは情緒が不安定になっているサインです。

                                  

 

 このようなサインに気づいた人は、受診する前にまず毎日の生活を見直しましょう。

【生活習慣を見直す】

 仕事で無理をしていないでしょうか?残業をなくし、仕事量はできるだけ減らしましょう。公私の境界線をはっきり引いて、自宅ではできるだけ仕事のことは考えないことが大切です。職場でハラスメントがある場合は、責任者に相談することが必要です。

 次に、眠る前の過ごし方。眠る直前まで興奮するようなゲームや動画を見ていませんか?コーヒーなどの刺激物を飲んだり食べたりしていませんか?ゆっくり入浴して、落ち着く音楽を聴くなど、気持ちを穏やかにしてから12時にはふとんに入るようにしましょう。

                            

 食事は3食きちんと食べましょう。糖質やジャンクフードばかり食べていないでしょうか?特に肉や野菜の含まれたバランスの良い食事を心がけましょう。血液の中性脂肪が高かったり、亜鉛などのミネラル不足でもうつ状態が出ることもあります。

 体は動かしていますか?在宅ワークでも1日1回は外に出て、日光を浴びながら20分くらいのウォーキングをしましょう。

 このように生活の見直しを2週間試みて、それでも改善がない場合は、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。特に睡眠と食欲が改善しない場合は薬を飲んだ方が良いでしょう。睡眠はうつ病を治すために最も重要な要素なので、睡眠薬や安定剤を使ってでも十分な睡眠がとれるようにします。

【休職も視野に】

 また、どうしても薬を飲むことに抵抗がある場合や、ハラスメントが改善されない場合は休職するのも手です。そのためにも受診して医師に診断書を書いてもらいましょう。最低で1ヶ月、できれば2ヶ月以上の休職が必要です。

                         

最後に

 うつ病の最初の症状が出てから、受診するまでに数年かかったという話もよくあることです。「何とかなる」と思ってずっと我慢してしまうことが多いのです。相当悪くなってから受診して、1年以上休職したり、仕事を辞める人もいます。治療を受けるまでに長くかかった分、良くなるまでも同じくらい長い時間がかかってしまいます。しかし、うつ病は癌のように命を失うような病気ではありません。治療を受ければ必ず良くなりますので、焦らずゆっくり治療を続けましょう。

2021.12.07

産業医の正しい選び方は

 産業医は企業で働く従業員の健康を維持するために必要な存在です。事業場の従業員数が50名を超えた企業には、産業医の選任が義務になりました。産業医は従業員の心と体を守るため、労働安全衛生や健康相談、休職・復職の支援など職員の健康をトータルサポートしてくれます。

 従業員の健康維持に重要な役割を果た産業医ですが、医師にもそれぞれの特徴があるため、選び方を間違えると良い結果を得られないばかりか逆効果になってしまうでしょう。そこで本記事では産業医の選び方を解説し、産業医選びを失敗しないポイントを紹介します。

  

産業医の選任基準と業務を理解する

 事業場に産業医を置くという基準は、労働安全衛生法に規定されています。産業医の選任は「事業場で常時使用する従業員50人以上」で、さらに「従業員が50人以上に達した日から14日以内」に産業医を選任し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

 事業場とは支店や支社、店舗も含まれ、50人以上が働く事業場は必ず事業場ごとに産業医を選任しなければいけません。そして産業医を選任されると、次の業務を行うことになります。

1.安全衛生委員会の構成員になり、アドバイスを行う(義務)

2.事業場を巡回し、危険な箇所など問題があれば改善のために助言・指導する(義務)

3.従業員に健康・衛生管理の研修を行う

4.従業員の健康診断結果を確認し、異常が見つかれば就業判定を行う

5.従業員からの健康相談を受ける

6.休職者・復職者との面談

7.ストレスチェックの計画・実施・判定

8.高ストレス状態の従業員との面談・指導

9.長時間労働が認められた従業員との面談・指導

 産業医は医療行為を行わない代わりに、従業員の心身の健康を守るために高い知識とスキル、メンタルヘルスへの理解が必要な存在です。しかし、産業医であればだれもがこうしたスキルを持っているとは限らず、企業のニーズとミスマッチを起こすこともあります。特に産業医をこれから導入しようと考える企業からは、主治医のように医療行為を提供されると思い込み、産業医の役割と認識にズレが生じることもあります。

           

そのために産業医を選ぶ際は、自社のニーズに合った正しい産業医の選び方を企業側も知っておく必要があるのです。

産業医を選ぶ際に相談できる場所

 普段から職員検診などで近隣のクリニックなどを利用している場合、そのクリニックの医師に産業医としての見識があれば問題はありません。しかし、現実にはそのように上手くいくケースばかりではなく、産業医をゼロから探し始めることが多いことでしょう。

そこで産業医を選ぶにあたって、相談先としておすすめの4つを紹介します。それぞれにメリット・デメリットがあるので、その点も紹介していきます。

●定期健康診断を行っている病院等

●都道府県や地域の医師会

●近隣のクリニックなど自社の人脈

●医師紹介会社

定期健康診断を行っている病院等

 企業が普段から健康診断を行っている病院や検診団体であれば、従業員の健康状態を把握しやすく、従業員んも顔見知りの医師で安心感があるでしょう。

・メリット

①医師を選任する時間が大幅に短縮できる

②従業員が顔見知りの医師なので安心感に繋がる

・デメリット

①病院によっては産業医契約に対応していない

②自社のニーズに適しているとは限らない

病院に依頼する際は事前に産業医契約が可能か、自社に最適な産業医を確保できるか検討してから利用してください。

          

都道府県や地域の医師会

 医師のほとんどは医師会に登録されているため、医師会を経由すれば産業医契約が可能な医師を紹介してもらうこともできるでしょう。都道府県だけでなく、地域によっては自治体ごとの医師会もあるので相談してみてください。

・メリット

①都道府県の医師会はその地域に属する医師を把握しているので、ニーズに最適な産業医の紹介を受けやすい

②近隣の医師を紹介してもらえることが多いので、相談しやすい

・デメリット

①医師会によっては産業医の紹介を行っていないこともある

②医師会から紹介してもらった産業医が自社に適しているとは限らない

③紹介を受けることはできても、その後の契約交渉は企業の担当者が行う必要がある

医師会が行うのは紹介までであって、その後の交渉は企業の担当です。条件面で折り合わない、産業医としての経験がないなどの課題があったとしても、解決するのは企業側の努力が必要になります。

近隣のクリニックなど自社の人脈

 企業によっては日頃から社員が利用しているクリニックや、協業する他社が契約している産業医を利用することも手段の1つです。

・メリット

①産業医と日常的な繋がりがあるため信頼関係が築かれている

②他社から産業医の評判など情報を得やすい

・デメリット

①自社に最適な産業医とは限らない

②従業員によっては相談しづらいと感じることもある

 近隣のクリニックや他社でも契約している産業医なら元々の信頼関係があるだけでなく、相談しやすいので企業にとっても任せやすい人材になるでしょう。ただし、相談しやすくても自社のニーズとミスマッチが起こる可能性はあるので、事前に産業医として適しているか検討することは大事です。

医師紹介会社

 医師専門の人材派遣会社に相談する方法も有効な手段です。

・メリット

①医師紹介会社は企業からヒアリングして、最適な産業医の紹介を行ってくれる

②これから産業医と契約する場合でも、別の産業医と契約したい場合でも紹介を受けられる

③契約後のサポートも医師紹介会社が行ってくれることがある

・デメリット

①紹介手数料などの料金が発生する

②医師紹介会社によって登録されている産業医が異なることもありうる、必ず求めた人材を紹介できるとは限らない

 企業側にとっても最も効率よく産業医を探す方法が、医師紹介会社に依頼する形です。契約交渉から契約後のサポートまで、医師紹介会社が行ってくれることも多いので、企業側にとっても負担が少ないでしょう。

          

産業医選びで失敗しないために知っておきたいポイント

 産業医は嘱託・専属問わず企業との契約が発生する以上、期間や条件が定められます。そのため契約してから「この産業医はやめておけばよかった」と後悔しても、すぐに新しい産業医と変更することは難しいことでしょう。

産業医選びで失敗しないためには、2つのポイントを意識して検討してください。

●良い条件だけを見て判断しない

●産業医の業務をきちんと理解する

良い条件だけを見て判断しない

 企業にとっては産業医との契約にもコストが発生します。そのため「契約金」「交通費」など諸経費が発生するため、「出来る限り安く済ませたい」と考えるのは当然です。

しかし、産業医は前述の通り、高い見識とスキル、面談ではコミュニケーション能力に課題解決能力も求められます。条件面だけでなく、総合的に自社に必要な産業医であるか否かを検討してください。

産業医の業務をきちんと理解する

 メンタル不調者が多いから、メンタルヘルス対策を行うために精神科医の産業医を選ぶ、不健康な従業員が目立つから、内科医の産業医を選ぶなど、企業担当者が産業医の業務をきちんと理解しないまま、産業医と契約をし、産業医側と揉めることが多くなっています。

企業担当者は、きちんと産業医の業務を理解し(産業医は治療ができない、企業側と労働者側の中立的立場である等)、自分の会社に合った産業医を選ぶことをおすすめします。

まとめ

 産業医は従業員との面談だけでなく、労働環境改善のために具体的・総合的なアプローチができる人材を選びべきです。従業員が50人以上の事業場には産業医を配置する義務がある以上、誰でも良いわけではなく、自社に最適な産業医を探すことが大事です。

本記事で紹介した相談先や失敗しないポイントをぜひ参考にして、自社に合った産業医を選んでください。

カレンダー

«12月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

最近のエントリー