メンタルヘルス

2022年01月

2022.01.21

職場のアスペルガー障害

 アスペルガー障害は、知性に問題はなく、コミュニケーションがうまくとれない発達障害の一つです。生まれつきのもので、成長の過程で障害が現れてきます。相手の立場にたって物事を考えられないことが、障害の本質と考えられています。

          

 学校生活では障害に気付かれず、社会人になり職場で人間関係が密になることで、始めて障害が表面化することがあります。これを大人のアスペルガー障害と呼んでいます。

 なお、アスペルガー障害は、自閉症スペクトラム障害、略してASDの一つとして扱われるようになりました。病院ではASDと呼ばれることが多くなっています。

  

アスペルガー障害の人口が多い日本

 世界の統計調査によると、日本はアスペルガー障害の人口が多いことが知られています。これはアスペルガー障害の人がたくさん産まれるわけでなく、アスペルガー障害の人が目立ちやすい社会であるからと考えらています。

 日本の学校教育では個性を伸ばすことよりも集団に溶け込むことが求められます。「忖度(そんたく)」という言葉にもあるように、社会に出たら、言葉を介さずに場の空気を読むことが重視されます。

これらはアスペルガー障害の人が最も苦手とすることで、集団で浮いてしまうのです。「忖度」とは、相手の気持ちを推し量らって配慮することを言いますが、英語には同じような言葉はありません。欧米人は、日本人のように言葉を介さずに場の空気を読むことは基本的しません。ところが、日本は忖度ができる人が出世できる社会なので、アスペルガー障害の人が世界一生きにくい国なのです。

              

 アスペルガー障害であっても、職場で「天然な人」と呼ばれて、楽しく元気に仕事ができているならば、問題はありません。しかし、有名大学を卒業して大企業に就職しても、コミュニケーションの問題から職場と歯車がかみ合わず、せっかくの才能を伸ばせない場合もあります。

最悪の場合、「失礼な人」、「使えない人」と言われて、無視やいじめの対象になってしまうこともあります。アスペルガー障害のために職場で生きづらさを感じているならば、まず自分の障害を知り、それに適した職場選びや医療的なサポートを受けるのが良いでしょう。

ここでは、アスペルガー障害の人が職場でどうなってしまうのか、いくつかのサインを紹介します。

職場で気づかれるアスペルガー障害6つのサイン

1.周囲を怒らせてしまう

 職場で一番起きることは、言動が変わっているために人を怒らせてしまうことです。挨拶ができない、敬語ができない、失礼なことを平気で言ってしまう、時間を守れない、同じ失敗を繰り返す、といったことから上司や同僚を怒らせてしまいます。

 例えば、「時間があったらやっておいて」と上司から依頼されて、翌日に「時間がなかったのでやりませんでした。」と平気な顔で答えてしまいます。

 こうした言動は人を馬鹿にしようとか、けんかを売ろうとしているのではありません。自分の言葉を相手が傷つくことが理解できないため、感じたことをそのまま口にしてしまうのです。

           

2.礼儀作法を知らない

 常識的な礼儀作法ができません。例えば、挨拶ができない、礼や謝罪を言うタイミングがおかしい、場に合わない服装をしてくる、などがあります。例えば、上司が出張のおみやげを渡しても、黙って受け取るだけで礼を言いません。「親に何を教わってきたんだ」と怒る上司もいますが、基本的なことは知っていても相手の気持ちを理解できないので、新しい場面では応用ができないのです。

3.感覚が過敏

 ふつうの人以上に音・光・臭いに敏感です。これを感覚過敏と呼びいます。照明や窓からの光を異常に気にすることがあります。人の出入りの多いオフィスでは仕事に集中できません。誰かが物を落として大きな音を立てたら、パニックを起こすこともあります。隣のデスクの女性社員の香水が気になって仕事ができません。

 感覚過敏のために、普段から職場で耳栓、サングラス、マスクをして工夫している人もいます。

             

4.飲み会で浮いてしまう

 飲み会では、空気を読めずに話に加われなかったり、場が白けているのに一人でしゃべっていることもあります。自分でもグループが苦手と分かっているので、飲み会は断ることが多いようです。そのために付き合いの悪い人と思われます。

5.表情に乏しい

 場の雰囲気に応じて、適切な表情をつくれません。表情に乏しいため、いつも無表情に思われます。普通ならば笑顔になる場面でもぶすっとしているので、機嫌が悪いのかと勘違いされます。

6.体調不良を起こしやすい

 体調不良を起こしやすく、仕事を休みがちです。これは責任感がないためでなく、生まれつき自律神経系やホルモン系が崩れやすいのです。緊張や無理が続いた後や、女性は生理の影響を受けやすく、大事な仕事で穴をあけてしまうこともあります。天候の影響も受けやすく、急な寒暖の変化、雨、雪、台風などでも不調になります。

           

アスペルガー障害の人が得意な仕事

 アスペルガー障害の人は、データを扱ったり、緻密(ちみつ)さを求められる作業が得意です。決まったスケジュールにそって規則性があるものにはミスがありません。仕事の種類では、経理、法務、システムエンジニア、研究者、設計者には向いていると言われています。逆に人間関係が多く、内容に変化の多い仕事には向いていません。

最後に

 自分に合った職場がなかなか見つからない場合は、障害者雇用を利用するのも手です。精神科で診断を受けて、障害者手帳をつくると、障害者雇用を申請することができます。

日本はアスペルガー障害の人が生きにくい社会と言いましたが、公的な支援により、働ける場所は年々増えています。十数社を経てから、ようやく自分に合った職場に出会えている人もいます。あきらめなければ、自分の才能を伸ばせる場所が必ず見つけられるはずです。

2022.01.18

メンタルヘルスに悪い食生活

 

 「食生活が心に影響を与える」と言うと、不思議に思われる方もいるかも知れません。しかし美味しいものを食べると気持ちが元気になり、心を病むと摂食障害になることを考えると、心と食生活が密接に関係していることがわかります。

                 

  

食べ物は心の安定につながっている

 食べ物は私たちの体やそのエネルギーを作ります。それだけでなく、脳の働きにも影響を与えます。脳の働きは心の安定につながりますから、食べ物は心の安定につながっています。食生活が良くないと、心も不安定になるのです。

 最近では食生活とうつ病との関係が研究されています。今回は、心に悪い影響を及ぼし、うつ病になりやすい食生活を紹介しましょう。治療中の方にも参考になるものです。薬を飲んでもなかなか良くならないうつ病が、食生活を意識するようになってから良くなることもあります。この機会に、ご自分の食生活を見直してみてください。

メンタルヘルスに悪い食生活

1.カロリーの取り過ぎ

 肥満の人の脳を調査した結果、脳神経の一部が委縮することがあり、それによる認知機能の低下も見られることが分かりました。特に肥満指数・BMIが30を超える人にはその傾向がつよくありました。BMIとは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)の計算で求めるものです。

例えば体重70kg、身長1.7mの人のBMIは、70(kg)÷1.7(m)÷1.7(m)=24.2です。ご自分のBMIも同じように求めてみてください。標準は22です。30以上は心の健康を損なう肥満の可能性があります。ぜひ減量を考えましょう。

 肥満の人と普通体重以下の人で、うつ病になるリスクを比べた調査があります。その結果でも、肥満の人は1.5倍もうつ病になりやすいことが分かりました。肥満がいかに脳へダメージを与えてしまうかが理解できます。

 肥満の対策としては、主食のごはんを少なめにして、おかずで満腹にすることが基本です。糖質が含まれているごはんやパンを少なめにすることがコツです。また間食、夜食を減らす、甘い飲み物はやめてお茶にする、などの工夫も効果があります。

2.甘い物の取り過ぎ

 疲れると甘い物が欲しくなり、甘い物は脳のドーパミンを増やし癒しの効果があります。仕事疲れに美味しいスイーツを食べると、元気が出て気持ちがリセットできます。しかし、ストレス対策に甘い物をを取り過ぎてしまうと、体重増加や糖尿病になる可能性があります。糖尿病もうつ病のリスクを1.5倍高めると言われています。

 甘い物もほどほどにしましょう。食後や間食に必ず甘い物を食べるのが習慣になっている人は、その習慣を見直しましょう。甘い物は買いだめしないで、いつも家や職場に置いてあるという状況は避けましょう。

              

3.お酒の飲み過ぎ

 甘い物と同様に、お酒もドーパミンを増やし癒しの効果があります。仕事終わりの飲み会や晩酌で1日の疲れや緊張をほぐすことは必要なことかも知れません。ただし、飲み過ぎは禁物です。お酒は体の中で分解されるとアルデヒドという物質に変化し、アルデヒドは脳に悪い影響を与えます。またお酒はカロリーが高いものです。肥満のリスクも高めます。

 飲まないに越したことはありませんが、ビールならば男性は500mlで1日2本まで、女性は1本までにしましょう。

            

4.野菜を食べない

 宿便が多いと、菌やウイルスなどの有害物質が腸の壁に長い間付着することになります。すると有害物質も体に吸収されてしまい、体のさまざまな場所で炎症を起こします。それが脳にも悪い影響を与えます。野菜には繊維質が含まれているので、腸の壁を掃除して、付着している有害物質も便とともに排泄してくれます。

 食べる野菜の量は、生野菜なら1食につき両手にのる程度、ゆで野菜なら片手にのる程度が良いでしょう。野菜以外繊維質の多く含まれている食べ物は、穀物、豆、きのこ、海藻などです。これらも積極的に食べるようにしましょう。

 また、これらの食べ物にはビタミンやミネラルが含まれています。葉酸、ビタミンD、鉄、亜鉛などのビタミンやミネラルの不足は、うつ病のリスクになります。主食はカップ麺、おにぎり、サンドイッチだけで済ませて、ビタミンやミネラルは手っ取り早くサプリで補おうとする人がいます。しかし、サプリでは量の加減が分からなくなり、取り過ぎでの危険性も出てくるので、食べ物から取るようにしましょう。

5.間食と夜食が多い

 うつ病になった人の食生活を調査したところ、朝食を食べていない人が多く、間食や夜食を多くとっていました、。この調査から、うつ病になりやすい人は、朝は食べないで仕事を始め、仕事の合間にはきちんとした食事をとらずに、間食や遅い夜食で空腹を満たす、という食生活が浮かんできます。

空腹を満たすためだけに食べる、ストレスをやわらげるために食べる、と言った生活では、栄養が偏ることが多く、心に悪い影響を与えてしまうのです。朝・昼・夜の毎回の食事を一つずつ大切に考え、間食や夜食は控えめにしましょう。

              

最後に

 

 3食を日本食で生活している人のうつ病リスクが低いことも知られています。野菜、穀物、大豆、きのこ、魚介類が多い日本食はうつ病になりにくいのです。何を食べようか迷ったら、日本食を選ぶのが良いかも知れませんね。そういう意味では私たちはとても恵まれた食環境で生活しているのです。

2022.01.12

メンタルヘルスに悪い運動習慣

 運動は、体の健康だけでなく、メンタルヘルスにも欠かせないものです。適度な運動はリラックス効果や疲労回復効果があり、運動後の達成感や高揚感は気持ちをリセットしてくれます。

うつ病への治癒効果があることも分かっており、これを運動療法と呼んでいます。しかし、運動のやり方によっては自律神経系に負担を与え、脳の疲労につながるものもあります。これを続けてしまうと健康増進どころか体調不良の原因にもなります。

           

  

ここではメンタルヘルスに良くない運動の習慣を4つ紹介しましょう。

メンタルヘルスに良くない運動習慣

1.仕事終わりの激しい運動

 日中はデスクワークでずっと座っていた反動もあり、仕事終わりにスポーツジムで激しい運動をする人がいます。激しい運動は心拍や呼吸を上げるために自律神経系をフル稼働させます。

仕事で脳が疲れた後に激しい運動をすると、脳の疲労をさらに悪化させる結果になります。運動後の高揚感で一時的にリフレッシュした気分になりますが、脳の疲労は蓄積されているのです。帰宅してから十分な睡眠をとらなければ、疲労は翌日に持ち越しになります。

 仕事終わりのリラックスを目的にするならば、激しい運動ではなく、ジョギング程度が良いでしょう。「ジムには来たけれども疲れていて運動する気が出ない」という時はストレッチ程度にして、早めに家に帰ってゆっくりした方が良いでしょう。

                

2.週末にクタクタになるまで運動

 日頃の運動不足を補うため、週末にたくさん運動をする人がいます。健康を目的するならば、無理は禁物です。運動中に激しい息切れや発汗があるならば、自分のキャパを越えているサインです。自律神経系にもかなり負担で、脳の疲労につながります。

 運動の習慣は週末にまとめるよりも、1回20分~30分程度で週4日と、短時間で高頻度の方が健康には良いと言われています。また、仕事中もずっと座っていないで1時間に数分でも、歩いたり、ストレッチをしたりと体を動かしましょう。

3.トレーニングのノルマ

 スポーツジムの月会費がもったいないから、行くことが義務になっている人はいませんか?また、完全主義のつよい人は、運動習慣でもその癖が出てしまいます。健康維持やリラックス目的で始めたものが、「一度決めたノルマや毎日やらなくてはならない」と、いつの間にか運動が仕事のようになってしまいます。

 日によって体調の変化があるので、無理はしないようにしましょう。疲れている日は、休むとか、軽く済ませるようにしましょう。

4.疲れている時のサウナ

 運動ではありませんが、仕事終わりに汗を流すためにサウナに通う人がいます。サウナと冷水は交互に入ることで自律神経に良い効果があると言われていますが、全体で考えれば、激しい運動と同じ負荷が自律神経系にかかります。「せっかく来たのだから」と長時間サウナに入っていると疲労が悪化するだけです。やはり疲れてからのサウナは避けるか、入っても短めにしましょう。

               

 リラックスや疲労回復が目的ならば、サウナよりも、38度から40度くらいのぬるめのお湯にゆっくり10分程度つかる方が効果的です。寝る前にすれば、副交感神経を優位にさせて睡眠効果にもつながります。

うつ病への治癒効果のある運動

 うつ病への治癒効果のある運動は、そんなに難しいものではありません。週に3~4日、1回20~30分程度の早歩きかジョギングなどの有酸素運動で良いのです。有酸素運動とは、呼吸をしながら筋肉をつかう運動のことで、水泳、エアロビクス、サイクリングなども含まれます。これまで運動習慣のなかった人は、早歩きから始めたら良いでしょう。いつもよりも歩幅を広くして、呼吸を意識しながら早く歩くのがコツです。

まとめ

 負担がつよいほど治癒効果があるという研究結果もありますが、無理は禁物です。「やり過ぎない」、「疲れた時はやらない」が原則です。どんな運動でも楽しみながら気持ち良くやることがポイントです。

2022.01.05

レジリエンスのつよい性格

 同じコロナウイルスにかかっても、風邪症状で終わってしまう人から重症化して亡くなる人もいます。このような個人差が出るのは、人の体には免疫と言う病気にかかりにくい抵抗力があり、この免疫の力が個人によって異なるからです。

  

レジリエンスとは

 心の病気に関しても、同じストレスを受けながら何も感じない人もいれば、心の病気になる人もいます。例えば、災害の被害を受けると、2割くらいの人がPTSDという病気になります。同じ被害を受けながら8割の人がPTSDになりません。これは、人の心にも体の免疫に似たものがあり、その差によって、心を病む人と病まない人がいるのです。

このようなストレスへの心の抵抗力をレジリエンスと呼びます。レジリエンスとはストレスを跳ね返すという物理の言葉から来ています。心の免疫に相当するものがレジリエンスであり、心のつよさとも言えるでしょう。

 すでに何らかの心の病気になっている人でもレジリエンスをつよめればその病気を跳ね返す力になります。レジリエンスは病気からの回復にも関係しています。

 具体的にレジリエンスとはどのようなものでしょうか?レジリエンスは脳の機能など様々な分野で研究されていますが、心理学ではレジリエンスに関係する性格の特徴が知られています。ここでは、レジリエンスがつよい性格の特徴を7つ紹介しましょう。

レジリエンスがつよい性格の特徴7つ

1.楽観的

 いつも「なんとかなるさ」という姿勢でいる人はレジリエンスがつよい人です。コロナウイルスで世界が大変なことになっていますが、コロナのニュースを聞くたびに「世界が滅びてしまうのではないか」と考える人はレジリエンスが弱く、「マスクさえしてれば大丈夫」、「ウイルスはいつかなくなる」と考えるような人はレジリエンスがつよいのです。

 楽観的になるとは、「病気はいつ治るのだろう」、「いつまで薬を飲まされるのだろう」と考えるよりは、「いつか治るだろう」、「医者を信じてしばらく薬を飲んでみよう」と気楽に考えることです。「病気を克服しよう」とがんばるよりも、治るのを気楽に待っている方が治りは早いということです。 

2.一喜一憂しない

 物事に一喜一憂しやすい人は、良いことだと喜びすぎて慎重さを失い、悪いことだと不安になり過ぎてもっと悪いことを考えてしまいます。感情に振り回されて心が安定しない人はレジリエンスが弱いのです。何かに動揺しても、一旦冷静になって客観的に考えることができる人はレジリエンスがつよいのです。

 心の病気は数か月単位でゆっくり回復します。日々の回復は、良くなったと思っても、翌日には悪くなり、例えれば「3歩進んで2歩下がる」というイメージです。症状が変化する度に「良くなった」「悪くなった」と一喜一憂しては心が安定しません。症状が「良くなっても慎重に」「悪くなっても希望を失わない」という姿勢が大切です。

3.すぐに諦められる

 諦められるとは、執着しないということです。終わったことなど、どうにもならないことに執着しない人はレジリエンスがつよい人です。病気で夢や理想を失ってしまうことがあります。失った夢、理想は取り戻せないので、できるだけ早めにあきらめて、次の目標をつくる方が病気の回復につながります。 

 また、病気になると、誰のせいで病気になったと原因を考えがちです。それに執着していると恨みの気持ちが増幅するだけで、病気はよけい悪くなってしまいます。原因を追究するよりも、「これからどうしよう」と考える方が病気を跳ね返す力になります。病気を通して新しい人生にリセットです。

4.良い面を見つけられる

 物事の悪い面よりも、良い面を見つけられる人はレジリエンスのつよい人です。職場の嫌な上司でも、「実はこんな良い面もある」と気づける人は、それほどストレスを感じずにやっていくことができます。

 病気になると悪いことばかりです。でも注意して探してみると良いことがあるかも知れません。「病気で会社を辞める羽目になったけれども、家族の絆を深めることができた」と、病気になっても良いことに気づける人は回復も早くなります。

                       

5.人のために生きる

 人間は、自分の利益のために生きるよりも、愛する人や大切な人のために生きようとすると力が湧いて来ます。これがレジリエンスになります。家族のため、友人のため、社会のためと目的は様々ですが、自分以外の存在のために生きることは心の病気になりにくいのです。

 しかし、病気になってしまうと自分のことで精一杯になります。人に何かしてあげることは難しいかも知れません。そんな時は、家族や仲間や同じ病気で苦しんでいる人のために祈ってあげるだけでもレジリエンスはつよくなります。

6.ユーモアがある

 ヒロシというお笑い芸人を知っていますか?自虐ネタといって、人気がないこと、失敗したこと、恥をかいたこと、お金がないこと、女性にもてないこと、こうした自分の不幸をすべて笑いのネタにしてしまいます。辛いことに深刻にならず、笑いに変えてしまうのです。うまく行かないことを恨みに思うよりも、笑い飛ばした方が心の病気になりません。ユーモアがある人はレジリエンスがつよいのです。

 ユーモアのセンスを高めるには、お笑い番組を見るのが良いでしょう。何気なく時間潰しに見ていたお笑い番組が、実は治療に役立っているのです。ただし、あまり辛いときは「こんなに苦しいのに、何くだらないこと言ってるんだ!」と逆効果になってしまうので、調子の悪い時は無理して見ないでくださいね。

                

7.理解者がいる

 コロナ治療に免疫療法というものがあります。すでにコロナに打ち勝った人の免疫の成分を分けてもらう治療です。このように他人の免疫の一部は受け取ることができます。レジリエンスも同じことが言えます。一人で立ち向かえないストレスには、家族や仲間と支え合いながら立ち向かえばいいのです。理解者がいることはレジリエンスもつよくなるのです。

                   

まとめ

 

 病気を跳ね返す性格の特徴を7つ紹介しました。難しい本を読んで医学の知識をつけるよりも、気持ちを変えるだけで病気を跳ね返す力になります。今回紹介したものは、少しずつ努力して変えられるものです。無理せずに1つずつ挑戦してみてください。一人で難しければ、心理カウンセラーに手伝ってもらうこともできるでしょう。

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

最近のエントリー