産業医紹介

産業医のご紹介をいたします

産業医のご紹介



常時50人以上の労働者を使用する事業場では、選任が義務づけられています

 
事業者は、常時50人以上の労働者を使用する事業場では、業種にかかわらず、業務内容に関係なく、産業医を選任しなくてはなりません。
常時50人以上999人以下の労働者を使用する事業場では嘱託産業医を、また常時1000人以上の労働者を使用する事業場(特定の業務を行う事業場では500人以上)では専属産業医を選任することが必要になります。
 

産業医のご紹介

※労働者には、契約社員、派遣社員、アルバイトやパートなども含まれます。
※労働者数 50 人未満の事業場については、産業医の選任義務はありませんが、労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識を有する医師等に、労働者の健康管理等の全部又は一部を行わせるように努めなければならないこととされています。

産業医選任義務のない事業所50人未満の企業様には産業医の面談プランがございます。
面談プランについての詳細はこちら


産業医について

労働者の健康を守ることが産業医の主な仕事です

 
主治医=診断・治療をする医師であることに対し、産業医=診断・治療は行わず、働けるか働けないかを判定する医師です。患者が復職したいと言った際、主治医は、職場や業務のことがわからないために、日常生活が送れるレベルで「復職可」の診断を出すことがありますが、 「本当の意味で復職可(会社の求めるパフォーマンスで仕事ができる状態)」なのかどうか、そのギャップを見極めるのが産業医の役割です。

 
産業医の主な業務内容



1. 職場巡視
2. 安全衛生委員会への参加
3. 健康診断結果に対する事後対応
4. 過重労働者への面接指導
5. メンタルヘルス面談
6. 休職・復職面談
7. 従業員面談、報告書作成等
8. その他

適切なタイミングでの適切な対応をしていれば、自殺や長期入院を未然に防げたのではないかと指摘され、労災認定されるケースが大半を占めることから、産業医を上手に活用し、病気を早期発見し早期治療の開始を指導することが大切です。また、労働安全衛生法を遵守するとともに衛生管理体制を整備し、社員教育を徹底することも必要となります。


産業医紹介サービス

産業医のご紹介は無料です


医療機関が母体のミーデンだからこそできるサービスです。無料で嘱託産業医のご紹介をさせてきます。
弊社が担当させて頂いているエリアの産業医のご紹介をいたします。もしご紹介産業医にご満足いただけない場合、別の産業医をお探しいたします。
日本医師会の方針から産業医とは直接契約となりますが、随時産業医との連携はさせていただきます。
 

産業医のご紹介

 
産業医面談


産業医選任の義務のない、事業所人数50人未満の企業様の産業医面談につきましては
面談1回につき20,000円(税込22,000円)でご対応させていただきま
す。

  

産業医のご紹介

  
精神科クリニックが母体になっているからこそできる、無料での産業医のご紹介サービスです。
事業者様の規模や現在の状況に合わせて柔軟なご対応が可能となっております。
産業医に関することでわからないことやお悩みがある企業様を全力でサポート致します。
お気軽に、ご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら